前へ
次へ

医療費控除の仕組みと注意点

所得税の確定申告で、その該当する年の1月1日から12月31日に負担があった医療費について、所得税が軽

more

肌のケアを医療機関で受ける

お肌の状態が悪化をしてしまった時、一般の皮膚科を受診することも考えるかもしれません。しかし一般の皮膚

more

美容整形はと医療機関の違い

最近は、美容整形をする人が増えてきました。この理由は、自分の見た目にコンプレックスを持っている人が多

more

最先端のインプラント医療について

最先端のインプラント治療には3Dレントゲンの他コンピューターシステムによる骨格の動きをシュミレーションし治療に当たります。この手法は従来では、歯の治療においては2Dのレントゲン写真を用いて顎の骨格を測り、インプラントの埋め込み場所を決定していました。しかしながらこの手法には問題があり、最先端のインプラント治療では使用されなくなった手法です。何故、2D写真から3D写真によるレントゲン写真になったのかですが、これは固定すべきインプラントの器具が関係しています。従来の2Dタイプのレントゲンでは対象となる患者の顎の骨の奥行きの把握が難しく、顎の形状を正確に把握することが出来なかったため、場合によってはインプラントの器具が装着できない問題や、無理やりインプラントの土台を作るほか手術を成功させる手段が無かったのです。しかし、3Dタイプのレントゲン写真撮影機の登場とともに顎の形状を3Dにて判断できるシミュレーターと連動することにより、写真を3Dにて確認することが可能となり、インプラントとして使用する土台が装着可能であるかそうではないかを手術を行う前に判断することが可能となりました。この3Dシミュレーターは他にも機能があり、インプラントを設置すべく場所を特定することも可能で正しい場所にインプラントの土台を埋設すべき誘導を行うことも可能です。従来のやり方ですと、インプラントの土台を設置すべく、顎の骨を削る作業を医師が担う上で、この場所が本当に正しい場所であるかどうかを医師自身が判断する必要がありました。しかし、3Dシミュレーターの登場とともにその作業が軽減され、インプラント埋設の作業を担う医師の負担が軽減したのです。あらかじめどの場所に固定できるかをシミュレーターを通し、把握することが可能となったが故施術に掛かる時間が短縮されたということです。この最先端医療は患者に掛かる負担を軽減するとともに、今後の歯科医療においては入れ歯装着時のバランスなどを把握することにも使用される技術であるとされます。

荻窪でラバータイム防湿法による根管治療を行う 歯医者さん
マイクロスコープを使って元から治療していきます

バイオフィルム除去による痛みのない施術
目に見えない歯周病菌や虫歯菌を、目に見える形にして確実に除去する施術が可能です。

専用機器で歯並び治療をバックアップ
久屋パーク矯正歯科ではより矯正治療に力を入れています

名古屋で骨造成など幅広いインプラント治療が受けられます
インプラント治療をお考えの方はぜひお越し下さい

一宮市大和町 矯正歯科

Page Top